女装コスプレ自撮り入門

初心者向け女装コスプレ自撮り入門

コスプレの撮影はそれだけで楽しいです。

でも撮影はコスプレのレベルアップにもなります。

コスプレをどんどん撮影していくことで気づきを得て次へのステップアップにつながります。

でも女装コスプレは一人ではじめることがおおいです。

なので初心者のうちは「自撮り」の方法をぜひ覚えてほしいと思います。

自撮りは「スマホ」でOK

自撮りはスマホで十分です。

最近は自撮りできるデジカメもあるようですが、とりあえずスマホで十分だと思います。

必要なものは

  • スマホ
  • 三脚付きリングライト
  • リモコン

です。

リモコンはリングライトに付属している場合があります。

リングライトは8インチから14インチ程度のもので十分です。

ライトを離れさせて全身をとりたいときはそれ以上の大きさを選ぶといいでしょう。

スマホですと手軽にプレビューできるので写りの確認ができます。

きれいな写真

最初のうちは顔がキレイに映るような写真をめざします。

影で顔の凸凹がすくないなめらかな感じががきれいな写真といわれます。

きれいな写真をとるには光を意識することが大切です。

キレイにうつるポイントを探りながら撮ってみましょう。

最初のうちは試行錯誤になりますがコツをつかめれば撮れるようになります。

撮影方法

カメラから手一本以上の距離をとって撮影しましょう。

スマホでは顔のアップ写真は難しく、歪んでうつってしまいます。

カメラの高さは目線くらいの位置がよいかもしれません。

また高い位置から撮ってみるとかわいい写真が撮影できます。

明るさ調節で明るめに撮ろう

カメラの露出をちょっと高めに

カメラを露出を高くすると明るく映ります。

これをすこし(0.3-1.0)あたりにすると明るめになります。

顔の影などがある程度軽減されます。

ただし白くなるくらい明るすぎると逆に違和感がでますのでちょうどよい数値に調節してください。

スマホの「美顔モード」はオフに

スマホには美顔モードがオンになっています。

一見見た目がきれいな肌にみえますが、よくみると不自然な形に加工されています。

これに頼るとメイクの練習にもなりませんので、オフにしておきましょう。

ポーズ

女らしいポーズをとるのは女装の楽しみです。

ポーズには女性らしく見せるのと、男性らしさを隠す目的があります。

男性は正面姿が多いですので、体の線を斜めむきにすると肩幅が目立ちません。

また腕をまえに出すことでも肩幅がすこし狭くなります。

手を顎にもっていくぶりっ子ポーズも、男性的な顎を隠せるので女性らしく見えます。

男性らしく見えず女性らしく見えるポーズを色々研究してみましょう。

PCで確認

撮影し終わったらPCでも確認してみてください。

スマホでわからなかった細かい点にきづくでしょう。

最近はクラウドでつながっているのですぐにPCで確認できるから便利です。

コスプレして撮影して、改善していくことでコスプレレベルがどんどん上っていくでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました