女装コスプレメイクの基礎知識

女装コスプレ初心者に知ってほしい女装メイクの基礎知識

女装メイクのポイントはまず「男らしさを隠す」ことです。

男らしくみえるところを隠してから女らしさを作ります。

男性と女性では顔つきが異なるのでメイクでカバーしていきます。

コスプレメイクはがっつりめにかきます。

写真撮影でも明るめに撮影するのではっきりとした感じで描きます。

コスプレメイクはナチュラルメイクほど繊細さを求められないので同じ女装メイクでも敷居が低いかと思います。

メイクは奥が深いのでコスプレしながら勉強しつづけることになります。

はじめは難しくて抵抗もありますがやっていくうちに慣れていくようになります。

メイクの流れ

女装メイクを大まかにわけると

  • ベースメイク
  • アイメイク
  • シェーディング
  • リップメイク

の5過程になります。

ベースメイク

きれいな肌をつくります。

男性は毛穴が大きめなのでベースでしっかりカバーします。

また女性より肌色が濃い目なので濃いめの色をえらびます。

実際の女性と同じ薄めの色をえらんでしまうと顔だけが白くなり違和感が出ます。

なめらかな「陶器肌」をめざしてください。

アイメイク

女性らしさをもっとも強調できる部分になります。

コスプレなので実際の目の形よりも違う所にラインをいれることが多いです。

つけまつげが必須です。

二重まぶたに涙袋などおめめパッチリはメイクで作ります。

男性の眉は太くてたくましくみえるのでできるだけ細く薄くしておくのがベストです。

女性は眉間が広いので、少し剃って眉間をひろくみせます。

難しい場合は眉潰しをつかう必要があります。

眉は意外と見落としがちですが、ゲジゲジボサボサの女性キャラはまずいません。

きちんと手入れをしておきましょう。

ウィッグに合わせた色(若干暗め)で眉を描きます。

シェーディング

チークは可愛く見せるメイクだけでなく、男性らしさを隠す重要なメイクです。

男性は頬が細く頬骨が出ていて、横顎が広いです。

チークで頬骨を目立たせなくして顎の方にも暗めの色を入れるなど小顔に見せる工夫をします。

ハイライトをいれると女性らしさを強調できます。

眉間、眉尻、あごに入れると逆三角形の小顔にみえます。

リップメイク

リップメイクは女性らしいメイクですが、その分奥も深くキャラに合ったメイクをみつけるのに試行錯誤するかもしれません。

男性は女性にくらべて唇が薄めですが形には個人差があるので女性に見える描き方を見つけてください。

口紅のイメージが強いですが、初心者のうちはとりあえずリップグロスがおすすめです。

アニメキャラクターの多くが唇を省略していますが、リアルはリップメイクがあったほうが自然です。

ピンク系は女子高生のような若くて元気な感じに、赤系は大人でしとやかなイメージがあります。

メイク落とし

メイク落としシートが便利です。

とくにイベントでは水場がないのでクレンジングよりメイク落としシートが重宝します。

注意点ですが、ゴシゴシこすらず、当てるようにして落としてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました