女装コスプレ衣装の基礎知識

初心者に知ってほしい衣装の知識

コスプレはやっぱり好きなキャラクターの衣装を着るのがベストです。

衣装の種類によって見え方が違うのをある程度知識として知っておくと便利です。

ここでは女装における衣装の基礎知識を話していきたいと思います。

スカートで男性らしさを隠す

初心者にはスカートのキャラクターがしやすいです。

とくにスカートの広がる衣装は女性らしく見え、さらに「男性らしさを隠せる」からです。

男性は肩幅が広く腰のくびれが少ないです。

男性らしさの特徴をスカートの広がりで目立たなくさせることができます。

初心者向けの衣装は「女の子っぽい衣装」がしやすいです。

フリフリのスカート、ふくらんだ袖、明るい色、リボンやシュシュなどの装飾品と、女の子らしさがいっぱいつまった服です。

女の子要素を服であらわせるので、メイクや体型など他の部分で女の子をさほど求められないからです。

女装初めての人はタイトなスーツなどを選んでしまうことがありますが、実はピチッとした服のほうがむずかしいです。

意外かもしれませんが、女の子っぽい服のほうが女装がしやすいです。

ウエストラインは上に

女性のウエストラインは男性よりも高いですので、着るときにはスカートのウエストラインを上に上げます。

だいたいへそ上くらいまで上げるとよいでしょう。

私も衣装をつくるとき、男性の服でもウエストラインを高めにつくってあります。

男性も女性にみせるためにそのように作ってあります。

ハイウエストに見せることで女性らしくみえるようになります。

肩を隠す

男性の大きな特徴として肩幅があります。

袖のつくりやストールなどのアイテム、あとはウィッグなどで隠すことができます。

袖口が花のように開いた姫袖や肩の部分がふくらんだパフスリーブだと肩の広さを緩和してくれます。

またストールや肩リボンなどがあれば肩幅をごまかすことができます。

逆に肩の露出した服は上級者向けかもしれません。

露出すればするほど難易度が上がる

衣装は着るだけで男性らしさをカバーし女性らしさを出してくれます。

逆に露出が多くなればなるほど服でカバーできなくなり、自分のもっている体型で表現しなければなりません。

肩や胸は男らしさが出やすいです。

レオタード、水着になると衣装以外の要素で女性をみせなければならないので大変難しくなります。

初心者のうちは脚の露出までならやりやすいと思います。

着物系はいちばんやりやすい

着物キャラはある意味もっとも簡単にできる衣装かもしれません。

歴史ゲー系の衣装は高額ですが初心者向けだといえます。

女性用浴衣がもっともお手軽で簡単にできるかもしれません。

好きなコスプレ衣装を着るのが一番

ここまで初心者向け衣装の基礎知識を記しましたが、一般的な女装とちがいコスプレなので好きな衣装を着るのが一番です。

コスプレ全般にいえることですが、弱点をどうカバーするかが課題になります。

それを乗り越えてキャラをつくりあげるのがコスプレの醍醐味です。

コスプレは写真撮影が多いので撮影のときに弱点をカバーできるのでポージングに力をいれてもよいかもしれません。

女装のポイントは、できるだけ男性部分を隠し、隠せなかった部分をどこで補うか、になります。

衣装を着るときにそれを意識してみるといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました